木村祐理のソースプログラム体験談

ソースプログラムとの出会いは、

「私の人生を取り戻した瞬間だった・・・」

「ソースプログラムってプログラムあるんだよ!」
そのとき、すでにソーストレーナーをしていた、先輩トレーナーが私に教えてくれました。

本があることを教えてもらい、早速本屋に直行!

探してみたら、たった1冊だけありました!
「source」と書かれた本が・・・。

一気に読んでみて、

・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。


これだっ!!

今、私に必要なものはこれっ!!


そう思って、ソースプログラムを受けるコトにしたんです。

なぜ、今自分に必要だと思ったのか・・。

それは、
「ガンバリスト=がんばりすぎ」のあたしの性格にありました。

なんでもやりたいことをやりたい。
全部やりたい。
やるならちゃんとやりたい。

いつもどこかに力が入ってる私・・・

しばらくすると、ばたんきゅー。
カラダが疲れて倒れちゃう。

しかもやってるうちに、湧き上がってくるんです。

何のためにこれやってるんだろう。
あたしが本当にやるたいことってこれなんだろうか?

どこか付きまとう不安・・・。

極めつけは、

何の意味があるんだろう。

あたしの生きる意味を知りたい・・・。

意味がみえなくなると、
とてつもない不安に教われました。
この世界から逃げたくなる。
そう、むかしはここから自律神経失調症に陥っていたんですから・・。

それらを打破する
「何か」を見つけれるような気がしたんです。

もっと肩の力を抜いて生きれるんじゃないか。
あたしはあたしらしくってどんなことなんだろう。
心からワクワクするものに囲まれるってどんなことなんだろう。
本当に好きなことを仕事にするってどんなこと?

自分で、そんな自分をみていみたい。

そんなことを思い描いて、
ソースプログラムを受講することを決めました。

ただ、ひとつ受講するにあたって、

私には
不安がありました。

「過去の自分の体験を話す・・」

私には、過去の思い出がほとんどありませんでした。
今から思い起こせばいっぱいあったんですが、
全部、自分でどこかに葬っていたんです。

過去=辛くてしんどい時期の集結。

思い出したくないものだったんです。

そんな自分が、参加していけるんだろうか・・。
その不安を持ったまま、とりあえず参加しました。

2日間のプログラムは、
想像とは
正反対

ゆったりと時間は進み、何かを押し付けられるわけもなく、
ただ、思い思いに話す。

それもね、自分が「ワクワク」すること
ばっかり話していたら、どんどん楽しくなってきて、
あれだけ不安だった「過去」の話が、話せる自分がいました。

私には、過去に楽しかった思い出はない!と思っていたんですが、

あるある でるでる


うそつきー!!
って、自分で自分に叫んでいました。

自分が自分をどうみて、
今まで、自分という人間とお付き合いしていたかを知りました。

そして、ソースプログラムの山場。
そこで出来てた私のキーワード。

それらは、まぎれもなく自分でした。
自分で自分から出てきたものを見たときに、鳥肌が立ちました。

自分が生きる意味
自分という存在

何を大切にしたい自分なのか
どういきたい自分なのか

それらが集約されていました。

これでいいんだ!!

自分を取り戻した瞬間でした。

そこから、私のソース人生が始まりました。
自称:ソースフェチな私。
それからは、3ヶ月に1度は主催をしながらソースプログラムと受講し、
そのたびに、自分のソースをリニューアル:洗練しています。

初めてソースを受講して、はや4年。
今や、私の世界にあるものは、
私のソースがちりばめられた、私を支えてくれるものたちばかりです。

あのときに思った、

もっと肩の力を抜いて生きれるんじゃないか。
あたしはあたしらしくってどんなことなんだろう。
心からワクワクするものに囲まれるってどんなことなんだろう。
本当に好きなことを仕事にするってどんなこと?


今、それらは、全部手に入っています。

そしてどんな人と、何を大事に、どう生きていくのか。
はっきりしてきたら、目の前に最愛の人がいました。

「自分らしさ」は、

自分が本当に望んでいるものを

引き寄せる磁石みたい。


そう感じてます。

そのことほど、
パワフルでなものはないと実感しています。

そして、これは決して特別なものでも、
誰かにもらったものでもありません。

全部、自分の中にすでに存在していたものを、
ちゃんと自分で見つけて、使ってあげているだけなんです。

いつもの自分では、
見れていない「自分の部分」

それをソースプログラムの中で、
たっぷり見て、自分で言葉にしていくだけなんですね。

そして、その部分こそが、
自分が自分らしく生きるには、
「必要な部分」だったんだ。

そう実感しています。

一人も多くの人に、
この体験を通して、ソースを生きる人が増えることを
心から願っています。

ワークショップの詳細はこちらから!

--------------------------------------------------------------
「ソース」はマイク・マクマナスが開発したプログラムであり(株)ヴォイスの登録商標です。